×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



☆8月17日 Loisirs

使用デッキ・Pennies from heaven ver1.1
参加者6名。スイスドロー1回勝負


時空転移

蘇生

毒電波

的中

麻生純子

ランサー(突き穿つ死翔の槍)

秋名涼月(恐怖政治)

衛宮士郎(王様のレストラン)

小牧郁乃(メープル)

Familiar

牧村みのり

亜多良巫鳥

諸井霧江

言峰璃正

ランサーZero

守里彩子

菅原里美

武田笙

羽入

紗音

ななこ

ベアトリーチェの手紙

冬芽探し

遠坂凛(覚悟)



打てないカウンターを減らし、初手キャラを増量。
ちび凛は単にEX1を処理して2/2/1が出ればよしとし、
デッキから落ちれば最高という位置づけで採用しました。
他はとにかく初手付近でアタッカーが必要ということで。


☆1回戦 vs大杉雅樹さん 宙日 敗北


先攻です。
相手は典型的な宙日Routesでした。
こちら序盤展開すると相手エポナ登場。
涼月と違いエポナは確実に1コスト増量します。
そうです、このデッキのコンセプトである「素引きした冬芽や手紙、
その他掃ききれないけど必要なパワーカードを奇数コストの
イベントなどで処理する」が一気に崩壊、手札運用が厳しくなります。
更に相手の那須が殆ど止まりません。
結局、殆ど良いところなく押し切られてしまいました。
 

☆2回戦 月単 勝利

後攻です。
相手は典型的な月単時空転移でした。
相手先攻みのりからEX1ランサー、こちらもアタッカー展開。
紗音などで有利な場を形成しつつこちらもEX1ランサーを登場。
相手のランサーは場が埋まった後空転Familiarで倒します。
これでゲイ・ボルグを撃てるのがこちらだけとなり、
タイミングを見てゲイ・ボルグ。その差で逃げ切りました。





結果:1勝1敗
1枚でコンセプトが崩壊してしまうと…



☆8月17日 Loisirs hebdomadarie

使用デッキ・Pennies from heaven ver1.1
参加者6名。スイスドロー1回勝負



懲りずに再び同じデッキで参加。
オリジナルコンセプトなので愛着が出たというのもw


☆1回戦 vs黒兎さん 月単 勝利

先攻です。
相手は月単サイクラ里美空転でした。
試合は終盤まで省略(試合内容を失念しただけですorz)
私の場にゴミ箱メタはなく、相手サイクラ里美が完成。
こちらのAFが郁乃・紗音・巫鳥なので7点なのですが
相手紗音を八重で受けてくれます。ならばと空転ランサーZ。
これで相手の回復が止まり押し切りました。
完全に相手のミスだけで拾った試合でした。


☆2回戦 vs紅蓮さん 月単 敗北

後攻です。
相手は典型的な月単サイクラ里美でした。
相手先攻サイクラコンバ、詠唱を通してしまいます。
こちら冬芽手紙も涼月も遅れるのに対して相手延々詠唱。
巫鳥で里美を禁止するものの相手普通に場を展開。
結局展開速度が送れ、そのまま打点差で負けました。





結果:1勝1敗
2戦目でデッキパワーの差を痛感。
そもそも4コストをメタるだけならサイクラ空転で良いんじゃない?
という疑念を抱いてならなくなり、このデッキも限界かなと…
総帥をあっさり倒せたり場が強いのはメリットなのですが、
武田笙がぺんしるで潰れそうだということを考えると…
(このエントリを書いているのが8月21日、
オフィのラッキーを見ると除去耐性宙キャラが出るらしい)
これからの時代は逃避行かカウンターなんですかね?






home   back