×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



☆11月25日 Loisirs

使用デッキ・雪日フィアッカ不幸
参加者7名。スイスドロー1回戦


不幸

逮捕

紫音

月宮あゆ(奇跡)

しぐれ

リースリット・ノエル

フィアッカ・マルグリッド

木登り

高級枕

菜々子

須磨寺雪緒

ラピス・メルクリウス・フレイア

鈴木ぼたん

神尾観鈴(夏やすみ)

レイチェル・ハーベスト

アニス・沢渡

渋垣茉理

宮内レミィ

高羽沙枝



ついにフィアッカを自分で使ってみることに。
長谷部は宙大流行な奈良では不安定すぎるので全抜き。
今から思えばラピスも奈良はカレイドがいないので他のカードでよかったのかもしれません。


☆1回戦 vs京一さん 日月 勝利


先攻です。
相手は日と月でハンデスしてくるタイプのデッキでした。
私初手からフィアッカコンバ、相手日月とわかったらサイネリア列に観鈴でフィアッカジャンプ。
不幸の種と後から追加しても看板娘をロストテクノロジーで調整して宣言していたレイチェルとが
殴っていて、相手のサイネリアは観鈴とフィアッカと言うシステムキャラのサポートで止めます。
相手の打点を制限して勝利でした。



☆2回戦 vsユートさん 日単 勝利

先攻です。
相手は日単でしたがエポナは入っていませんでした。
私先攻あゆアグレッシブパンチエンド、アルルゥが落ち日雪は除外。
返しのターンで麻弓=タイム(アンコ)が出てきたため日単確定。
私次のターン観鈴で3ドローするとリースを引き、フィアッカコンバージョン。
相手のには継続的なドローソースが出ていなかったため手札差を付けて勝ちました。



☆3回戦 vsこはくさん 日雪 敗北

後攻です。
相手は特徴のない戦闘に特化した日雪でした。
詳しくは書きませんがこの日は一日通して初歩的なプレイングミスが非常に多かったです。
この試合でもやりました。まずそこが反省点ですね。
試合のほうは私のフィアッカと相手の長谷部でお互いドロー、わたし長谷部になかなか3/1合わせられず。
そうなると手札で負けるのはこちらなのに打点は日で効率よく攻める相手。
もうこうなると勝てませんでした。






構築戦での優勝から遠ざかっています。
早くこのスランプを脱したいところです。
初歩的なプレイングミスをなくし、考慮時間ギリギリまで使うプレイングが必要ですね。



☆11月25日 なら大会21

使用デッキ・雪日フィアッカ不幸
参加者8名、スイスドロー、スペアカード12枚


スペアカード:長谷部彩×4、退治×4、小姑×1、マグダラの聖骸布×1、監禁×2

先ほどのデッキと全く同じです。
サイドボードは月単を意識、朝狗羅由真に対応できるように退治を4積みです。



☆1回戦 vs虚空さん 日花 勝利

第1試合 先攻 ○

相手は日と花のいいとこ取りをし、かつ虚数などのシナジーも狙ったデッキでした。
私レイチェルスタート、相手珠美でるも私看板娘から紫音不幸を決め、更に菜々子。
相手は菜々子のドローに干渉する手段がありませんでした。
このデッキの苦手である3/1にもテンポよく相打ちキャラを置けて勝てました。

ここでサイドボード入れ替え。しぐれ、逮捕→監禁×2。

第2試合 後攻 ×

相手旭にフォワードをつけ虚数桜で5点を2回されます。この間にアイテムが3枚落ちました。
私コンバージョン、リースの1点でアイテムが落ちます。更にここで紫音不幸が欲しいというところで
ピンポイントで不幸が落ちる、アイテムを数回素引きするなどかなり運が悪かったです。
除去がなければフォワードもあって日花という性質上戦闘能力の高いあちらに分があります。
そのまま押し切られて負けました。

ここでサイドボード入れ替え。茉理→小姑。入れ替えを忘れていましたorz

第3試合 先攻 ○

今度は相手が花のAP1しか引かない事故を起こします。
私も途中手札が高級枕×2、リース×2、フィアッカ、不幸で場に不幸の種がなくてフィアッカありと言う
事故を起こしてお互いゆったりとした進行になりますがそうなれば私のほうが手札のアドを得ていますね。
そのまま序盤の手札差に物を言わせ、フィアッカで小姑をサーチしシルフィに貼り付け盤面有利になり、
ぼたんダイナミックなどを使って打点を入れて行き勝ちました。



☆2回戦 vsこはくさん 日雪 勝利

第1試合 先攻 ○

相手は先ほどと同じタイプのデッキでした。
序盤お互いが菜々子などのシステムキャラを除去しあいゆったりとしたスタート。
但しこちらの場にはフィアッカ、相手長谷部なし。
こちらおかわりの菜々子を相手処理できず、手札差がついて相手にLyceeをさせませんでした。
こはくさん相手にここまで大差で勝ったのは久々です。

第2試合 後攻 ×

色々進みますが相手と私のドローはお互い同じぐらいで菜々子はありません。
相手フィアッカを逮捕し、紫音も逮捕。私対応なく紫音を失うのが痛かった。
更に数ターン進んで私相手の里美に紫音不幸しますがそこでドローしたのが不幸×2。
相手は勢い良く3/1を展開、私そのキャラたちを処理できず、デッキ差も付いていて押し切られました。

第3試合 先攻 ○

私空気読まずに菜々子スタート。
相手後攻観鈴レイチェルを決めますがその後の展開でこちらの手札のカードが落ちない。
ならばと私あゆ不幸でレイチェルを強引にゴミ箱においてレイチェル切って観鈴で5ドロー。
ここからフィアッカコンバージョン、相手作戦を逆菜々子ゲーに切り替えます。
以降ドローによるアドバンテージを取るこのデッキでは多数のダメージを貰うことになりますが
相手の攻撃はほぼ完全に抑え、最後は自分の菜々子に逮捕を撃ってドロー回避で勝ちました。



☆3回戦 vs大杉雅樹さん 宙日 敗北

第1試合 先攻 ○

相手は宙日舞フォワードでした。
私先攻フィアッカを素でコンバ。
相手のグラドリやりりかに木登りを貼り、等価交換+ダメージ抑制を図ります。
相手が木登りを剥がしている頃にはこちらの場が埋まっていました。
そのまま押し切れました。

第2試合 後攻 ×

相手は自分のコンセプトである舞、フォワード、注意を全て削って
カウンセリング4、エポナ4を使用してきます。
岸田洋一が出てきて1ターン5点を貰い死への憧れで除去しましたが
相手は3/1のウィニーを観鈴ドローから仕掛け、こちらは観鈴出せません。
オボロに撃った不幸はほぼ必ず対応取り合いでかなり厳しかったです。
とどめのエポナを出されて私不幸を持っていなくて負けました。

第3試合 先攻 ×

私フィアッカ初手コンバージョン、ロストテクノロジーとレイチェルでエンド。
相手返しにエポナ。更に来栖川綾香を並べてきます。
こうなると看板娘もロストテクノロジーも封じられどうしようもなくなり、
その時私は不幸を持っていなかったので打点が止められ止まらず無理でした。






メタを読み間違えました。
といってもカウンセとエポナを4積みされては勝てませんが。






home   back