×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



☆11月5日 ゲーマーズ梅田公認

使用デッキ・クラシックスタイル
参加者16名。スイスドロー1回勝負


カウンセリング

オボロ

那須宗一

天楼久那妓(獣人化)

来栖川綾香

グラァ&ドリィ

アヴェンジャー

古宮陽子

トウカ

取り合い

一生懸命

逮捕

長谷部彩

須磨寺雪緒

菜々子

ラピス・メルクリウス・フレイア

木登り



単純な動きをする昔の宙雪に日メタカードを入れただけの動きがシンプルなデッキ。
はっきり言ってメタ外のデッキに当たったらごめんなさいするしかないです。
中AFには久那妓と綾香を状況によってとっかえひっかえできる状態が理想。
テストプレイでは久那妓のほうが登場頻度が高いため枚数を逆にしたいところですが
3枚しかもっていないためこの枚数に。ラピスも一生懸命も3枚しか持ってません。
オボロを使うとどうしても中AFのサポートが欲しいですね。


☆1回戦 vsバチェラさん 日無タッチ雪 敗北


先攻です。
相手は典型的な日星紫音不幸カレイドと呼ばれるタイプのデッキでした。
私那須エンドに対して相手凛→カレイドから観鈴、私取り合い相手対応
観鈴のところにジャンプで登場がフィズります。
以後那須とカレイドの殴り合いになり終盤に突入。
私オボロパンチ、相手茉理ガード。相手中AFのレオを対象にとり暴力的宣言。
私対応で茉理にカウンセリング。…致命的なプレイングミス。
ここは暴力的を解決してからバトル中改めて茉理にカウンセリングでした。
結局生き残られたレオが活躍して負け。あまりに負け方がお粗末です…



☆2回戦 日花 敗北

後攻です。
相手は日のアグレッシブと虚数桜のシナジーを利用したデッキでした。
概略のみ申し上げると私の戦略ミスで、相手が花と分かってて長谷部を出し、
ダメージを取り戻せないぐらい虚数を貰ってしまってどうにもなりませんでした。
以前から思ってたんですが、花に長谷部スタートはかなり厳しいです。



☆3回戦 vsシャクレさん 日無タッチ雪宙 勝利

後攻です。
相手は日星紫音不幸カレイドに取り合いと一生懸命のみ混ぜたデッキでした。
私のオボロに紫音不幸が飛んできて、対応取り合いに対してさらに対応取り合い。
結局ハンドアド的に等価交換になってしまいました。
試合は相手が3/1と比較的対処しやすいアタッカーで攻めてきたところで私の除去や
相打ちブロッカーが刺さりこちらのアタッカーのみ除去以外では対処をさせない展開。
私オボロ攻撃、相手茉理ガード暴力的を今度は解決してからカウンセリング。
ラスト相手が一生懸命を使い、私解決してエンド→次のターン一生懸命を私が使い勝負あり。



☆4回戦 日花 勝利

後攻です。
相手はやはり日花虚数でした。
相手ナツミ、723ニュースで私の逮捕のコストが横に。
相手中DF観鈴登場、私対応取り合い相手対応ナツミジャンプ。エンド。
ここで逮捕を撃ちたかったが先ほどのニュースで撃てませんでした。
私長谷部左DFグラドリ右AFエンド。相手ナツミジャンプパンチ、中AFレイチェルエンド。
私グラドリパンチ、創作エンド。相手2人パンチ、コンバージョンエンド。
私創作、シャドウ逮捕、グラドリパンチ、オボロエンド。
ここからオボロがほとんど止まらず、長谷部の前にも3/1が出ずに長谷部が創作し続けます。
相手エポナをグラドリのところに出しますが私手札を十分に溜め込めたので
気にせずグラドリパンチ。エポナがただのダメージソースとなり、ナツミに貼り付けた木登りが
(恐らくエポナの影響で)剥がれず。
デッキ差がついたところで綾香を追加して試合終了でした。






2勝2敗。
カウンセリングが刺さらない相手がいなかったということはメタ読みはあってます。
ですがこの成績。私のプレイングが鈍いということでしょう。特に1戦目…



☆11月5日 カードショップトレスト公認

使用デッキ・クラシックスタイル
参加者?名(4回戦)、スイスドロー1回戦


先ほどのデッキと全く同じです。
ゲマのときにはいなかったMasakiさんとたまりゅんさんが来て御三家揃いました。



☆1回戦 vs楓月さん 日無タッチ雪 敗北

先攻です。
私右AF陽子エンド。相手右AFカレイドコンバ、ナツミが中DF、陽子にレオでエンド。
今から思えばこれが弱かった。カレイドは除去するものの相手雪と判断した途端
紫音+ナツミ+凛(コンバしない)で殴ってきます。こうなるとAFの誰にも
逮捕を使うことが出来ず、尚且つほとんどの場合ブロッカーを置いても腐ります。
ここで私の手札が木登り、木登り、逮捕、取り合い、一生懸命。
相手手札を使って殴っているのに私何も出来ず。紫音不幸がオボロに飛んできて
対応取り合いが決まるも後の祭り、結局ダメージレースになり負けました。



☆2回戦 vsヴァルキリーさん 花月 勝利

後攻です。
相手は普通の花単にメタでバゼットセットを入れたデッキでした。
母性桜を中心に場が完全に固まるもそれまで長谷部が創作し続けて手札とデッキ差がつきます。
あとはそのリードを必死にチャンプブロックで逃げ切り(デッキが約20枚頃からチャンプ)
母性桜のサポーターを使わせ続け、最後は綾香に合わせられたブロッカーを除去して打点を入れました。
突破が不能になりかなり厳しい戦いでした。



☆3回戦 vsヴォルトさん 日無 勝利

後攻です。
相手は不幸を採用しない日無デッキでした。凛もEX2の凛でした。
相手レイチェルスタートに対して私中AF須磨寺、右DF那須オーダーステップエンド。
相手レイチェルパンチ、看板娘。私逮捕持ってません。相手ナツミ追加しエンド。
私須磨寺がレイチェルを対象に死への憧れ、左DF長谷部、那須パンチ。
以降長谷部の上に(恐らく茉理のフィールド制限で)3/1が出ず、ノーリスクドローかつ
相手のドローを取り合いブラフで防ぎ、那須は殴り続けてナツミにカウンセリング、
レイチェルおかわりは逮捕などテンポよく攻守のカードを切ります。
最後相手ブロッカー出そうと観鈴出し、対応取り合いで相手投了。



☆4回戦 vsシャクレさん 日無タッチ雪 敗北

後攻です。
相手のデッキは先ほどと同じく日星紫音不幸カレイドでした。
色々あってラストこんな場に。

相手DF宝石凛
相手AFレオ
自分AF陽子オボロ那須
自分DF長谷部

私デッキ3枚、私手札グラドリ、ラピス、木登り。相手手札2枚。
私オボロ陽子パンチ、ここでゴミ箱を確認しなかったのがいけなかった。
相手の手札は2枚なのだから不幸を握っていればレオに木登りを貼り
逃げ切れたはずなのに私暗殺者からNASTY BOY。見事に凛不幸で那須を消され、
返しにレオに殴られました。レオはもうトラウマです…






また2勝2敗でした。
負けた試合では全て判断ミスやプレイングミスが絡んでおり、焦らずに
行動を起こすと常にどうなるか考えるプレイングが必要です。






home   back